OTEC 株式会社オーテック

TEL 06-6475-3400 お問い合わせ

建物診断を行う理由

なぜ建物診断を行うのか?

現代社会で多くの建物に使われている最も重要な部分であるコンクリート。
オーテックはそのコンクリートのエキスパートとして、全ての建物が安全であることを確認するために診断を行っています。
建物診断とは何か、その必要性に加えて、私たちオーテックのコンクリートに対する想いをご紹介します。

理由:1     オーテックに与えられた社会的使命

コンクリートと真剣に向き合う会社です。

現在、多くの建物がコンクリート構造物であるにも関わらず、あまり「コンクリート」に関心が払われていません。それだけに、そのコンクリートが後々になって様々な問題の原因となっていることに気付かず、使用していることが多くあります。
建物の性能を決めると言っても良いほど重要な材料であるコンクリートと真剣に向き合い、安全で長持ちする建物を造る事業を通じて社会に貢献することが、オーテックに与えられた社会的使命であると考えています。

理由:2     自然には治らないコンクリートの病気

定期的な調査による早期発見が重要です。

コンクリートの不具合は、人間の病気と同じように自分自身で治癒する能力はありません。
それどころか、何もしなければ傷みはずっとそのままで、時間の経過とともにさらに状態は悪化していきます。
本質的に、コンクリートには定期的な点検が必要なのです。
点検の結果、何かの問題が見つかった場合は早期に対処すれば負担も軽く済みますが、放置して悪化してからの対処となると、時間も、金銭的なコストも大きくなってしまいます。
法令によって定期的な調査が義務付けられているのは、コンクリートの状態がそこに住む人や利用する人の生命と財産に関わるからでもあります。

理由:3     建物の管理=リスクの管理となる時代

プロの目によるリスク管理が功を奏する。

私たちは、普段利用したり、住んでいる建物が安全であることは当たり前のように感じています。
しかし、建物やそこに使われているコンクリートは時間の経過により、確実に老朽化・劣化していきます。
適切な管理をしていれば、問題を早期発見して、適切な修繕や補修ができ、建物の寿命も延びることとなります。
表面上は問題がないように見えるコンクリートの内部で劣化が進行していて、ある日突然その壁から剥がれ落ちたコンクリート片やタイルが通行人を直撃したら…
そのようなリスクは多くの建物で存在しています。
建物管理=リスク管理であることを理解することが大切です。

理由:4     適切な修繕は正確な診断から

正確な修繕のご提案が可能です。

オーテックはコンクリートのエキスパートとして、診断結果だけではなく、表面に見えている問題の本質的な原因、内部で起きている問題についても、豊富なデータやノウハウから徹底的に解明していきます。
この診断が正確だからこそ、的確な修繕の提案が可能になるのです。
「原因」を知ること=今後のコンクリートの寿命を延ばす、ということになります。

理由:5     傷んだ建物こそ、適切な建物診断

最善の選択肢をご提案致します。

多数の建物を診断してきた中には、実に様々な事例があります。
中には完成から40年以上経過しているにもかかわらず、一度も安全性の検査をしてこなかった建物もありました。
当然、その建物は緊急を要するほど傷んでいましたが、こうした事例はまれなケースではありません。
コスト面の理由から検査を先送りにしている建物は多く、相当数の建物が「いつ事故が起きてもおかしくない」状態にあると言っても過言ではありません。
長い時間をかけて劣化が進んだ建物にどのような選択肢があるのか、あらゆる選択肢からお客様が望む最適なご提案をいたします。

理由:6    見る度に表情を変えるコンクリート

コンクリートの神髄を追究しています。

どれも同じように見えるコンクリートですが、実は全く同じものないと言っても良いほど奥が深く、品質や強度、性質に違いがあります。
コンクリートの原料は、石灰岩や粘土を砕いて作るセメントと、砂や砂利です。
これらを混ぜ合わせて水を加えると固まる性質を利用して、多くの建築物に利用されています。
これらの原料は全て自然由来のものなのです。
その自然から採取するものだけに場所や環境などによって品質はまちまちで、さらに原料を混ぜ合わせる時の比率や混ぜ合わせ方などによっても品質は大きく変わります。
オーテックは業務に関する内容以外でもコンクリートの研究を続けてきており、建築学会への論文発表等も行っています。

理由:7     お客様のご意向に沿った診断

第一にお客様のご要望をしっかりお聞きいたします。

「この建物は、あと何年使えるか?」
そうお客様に尋ねられることがよくあります。
その建物に対する今後の見通しや計画に大きく関わることなので、お客様にとっては最大の関心事です。
その時に、オーテックは逆に「この建物を、あと何年使われますか?」 という点をお尋ねしています。
建物診断の結果を踏まえて、実際にどうするのかという計画を立てる際に、お客様のご意向が最も大切だからです。
すでにかなりの築年数になっている建物に問題が見つかったとして、それを大規模修繕する費用に対する効果がどの程度あるのかという点を考慮すると、緊急性の高い修繕だけをして、その後に建て替えをするという選択肢も考えられるからです。

オーテックは物診断に自信があります!いつでもお気軽にご相談ください!