OTEC 株式会社オーテック

TEL 06-6475-3400 お問い合わせ

建物診断メニュー

オーテックの建物診断は〝徹底追及〟

コンクリートの専門的な知識とノウハウに基づいてご提供している建物診断サービスのメニューをご紹介します。
ご紹介していない診断項目につきましても、お気軽にご相談下さい。

  • 目視調査
  • 打診検査
  • コンクリート強度推定
  • 配筋状況調査
  • 中性化深さ診断
  • 試験センター

目視調査

お客様が診断をご希望する建物の現地に赴き、目視による検査をします。

表面にひび割れやタイルの浮きなどが見られる場合は、豊富なデータに基づいて内部の状態を推測し、原因を推察していきます。
表面に変化があまり見られない場合であっても、年数が経過している場合は内部で変化が起きていることが多いため、目視検査においてもわずかな兆候も見逃しません。
オーテックの建物診断では、第一段階である目視によってかなりのことが判明します。その推測に基づいてさらに調査が必要であれば必要な調査の内容をご提案します。

目視調査

打診検査

打診棒と呼ばれる専用の器具を使ってコンクリート表面を叩き、
その音でコンクリート内部の状態を検査します。

叩いて音を聞く作業なので、まさにコンクリートやタイルと会話するかのように状態を調べるため、内部の状態を詳しく知ることができます。
タイルに浮きがあったり、コンクリート内部にひび割れや剥離空洞などがあると音が変化するため、打診で内部の状態を推測出来ます。

打診検査

コンクリート強度推定

リバウンドハンマーと呼ばれる専用の測定器を用いて、 コンクリートに与えた衝撃の反発度から強度を測定します。

非破壊検査であり、かつ手軽である利点があります。
さらに詳細な調査が必要になった場合は、コンクリートの一部をサンプルとして採取し、オーテック試験センターにおいて詳細な検査をいたします。

コンクリート強度推定

配筋状況調査

鉄筋探査機を用いて、コンクリート内に配置されている鉄筋が
設計通り正しく配筋されているかを調査します。

コンクリート中の鉄筋コンクリートの状態をチェックする必要性はもちろんのこと、コンクリートに穴を空ける時などに鉄筋を切断しないようにするなどの必要性からも、専門会社であるオーテックに調査をご依頼される場合もあります。

配筋状況調査

中性化深さ診断

はつり法やコア法によるコンクリートの中性化深さの調査を行っており、コンクリートの状態や今後の耐用年数などを診断します。

コンクリートは常に過酷な環境下にさらされており、時間の経過とともに中性化が進行します。
コンクリートが中性化すると内部の鉄筋に変形や錆びが生じたり、剥離やひび割れなどの劣化を引き起こします。

中性化深さ診断

試験センターの紹介

試験センターの紹介オーテック本社内に「オーテック試験センター」を設置しており、専用設備を用いて、お客様からご依頼をいただいたコンクリートの各種詳細検査や試験を行っています。 試験センターでの調査、試験結果は公的な書類にそのままご使用いただける認定(ISO 17025)も取得しており、正確な調査結果を導き出す土台となっています。

オーテックの試験センターはここがすごい!

公的な試験所としての中立性を保持しながら、民間会社としての機動力も持ち合わせている試験所です。 例えば、建物診断で採取したコア供試体の試験・測定は本社内にある試験センターで行われます。 試験結果から疑問が生じれば、その場でコア供試体の様子を観察し、数値だけでは分からないことにも目を向け、徹底追及に努めます。

試験項目

  • ・圧縮強度試験
  • ・曲げ強度 ・曲げ靭性試験方法
  • ・静弾性係数試験(ヤング係数)
  • ・引張強度試験
  • ・長さ変化試験
  • ・中性化試験
  • ・拘束膨張試験